トーラム オンライン こつぶまう のサブパラ アルケミスト前多です。

今回は 種の女神の神殿 からスタートです。

MS0808-01

特殊神の領座からやってきましたよ。
なんだか、かわいい建物がありますね。

MS0808-02

ここが構成神5柱の一つ、種の女神の神殿ですか。
別のところに神殿があるということは、特別な神様なんですかね?

MS0808-03

種の女神スピーシア様は、この世界のすべての生命を生み出した神様。
スピーシア様を巡って、男の神様たちが戦いあうほどの美しさだったとか。
その戦いで多くの生命が犠牲になったことを悲しんで、スピーシア様は自ら命を絶ったようです。

MS0808-04

・・・ん?
どこからか声が聞こえますね。
こんなところに誰かいるんでしょうか。

MS0808-05

かわいいお嬢さんですね。
種の女神スピーシア様の娘、ゼーレザウガ様ですか。
いや~その服、とてもお似合いですよ。

MS0808-06

種の女神スピーシア様が自ら命を絶つまでに、不完全な状態でゼーレザウガ様を生み出し・・・その直後にいなくなってしまったと。
母に捨てられたと思い込み、人間を脅かしていたんですか。
一人の人間により、高次元の世界ノイエヴェルにいたお母様であるスピーシア様に引き合わせてくれたんですね。
今ではスピーシア様の使者として、ノイエヴェルとこちらの世界を行き来するようになったんですか。

・・・ペルルはこの話をリャノ婆から昔話として聞いていたんですね。
まさか、本当にあった話とは・・・驚きです。

ところで、人間が来ると・・・どうして知っていたんでしょうか?

MS0808-07

なるほど、スピーシア様が遺跡に人間がきたら伝えてほしいと言っていたんですか。
迷っているなら、お手合わせ願いましょう。
アロルさん、そこにいては危ないですよ。

ゼーレザウガ

MS0808-08

・・・倒しましたよ。

MS0808-09

では、伝言をお願いします。

MS0808-10

大変動の際にスピーシア様が見たのは、バラバラになった世界を神々が大急ぎでつなぎ合わせているところ。
その後、神々の神殿が邪悪な気配に覆われているのに気づき・・・スピーシア様が来た時にはすでに神々は誰もいない状況だったとか。
神々の所在はどうなったんでしょう?

MS0808-11

1柱を除いてかすかな力の波動が感じられる。
・・・では、1柱は存在しないということですか?

MS0808-12

まだ上層に神殿があったんですね。
その存在しない1柱は、主神アルマス様・・・

MS0808-13

この世界が維持されているのは、それぞれの神々が力の波動を合わせているからではないかと。
今、大変な状況になっているようですね。

MS0808-14

そして、また邪悪な気配が感じられると・・・
その場所は・・・エルフ国があった巨大な樹。

エルデンバウム!

スピーシア様の伝言は・・・
エルデンバウムを覆っている邪悪な気配の正体を突き止め、排除してほしい。
排除できれば、行方が分からない神々のことも明らかになるでしょう・・・
ということでした。

エルバーノ王の国が乗っ取られた場所、そしてリュアーク帝国ヴェネーナの逃亡先、邪悪な気配に覆われている場所。
よからぬ出来事の全てがつながっている場所・・・エルデンバウム。
これは急がねばなりませんね。

MS0808-15

ゼーレザウガ様、ありがとうございます。
特殊神の領座からエルデンバウムへ行けるんですね。

MS0808-16

では、エルデンバウムへ向けていざ行かん。

今回はここまでです。次回は 氷雪の園 へ行きます。

ただいま レベル132 でした。

では また見てください。



(C) ASOBIMO,INC. All rights reserved.